アートセラピーとは

 アートセラピーは、20世紀半ばごろから欧米で実践され始めた心理療法です。

 

 絵画や造形などの表現活動を行うことによって、言葉で言い表せない想いが、色や形に、自然に現れ出てきます。ため込んでいた感情をアート表現として外に出すことで、自分の心の状態を客観的に見ることができるようになり、次第に心が浄化されていくのです。

 

 また、手を動かして 描いたり 切ったり 貼ったりして、触覚的に素材と関わることは 心と体をつなぎ直し、自分の中の生命力を回復させる助けになります。

 

「センスが無くて・・・」などとしり込みする方もいらっしゃいますが、アートセラピーは、素敵な作品を作ることが目的ではありません。上手・下手は全く関係ないのです。

 

 ただ素朴に色や形と関わっていく、その過程が、自分を癒しへと導いてくれます。

 

 ぜひ、気軽に取り組んでみてください。


プログラム

流産、死産を経験した女性やご家族を対象に

  • グループアートセッション(1DAY)
  • グループアートセッション(1~2時間程度)
  • 個人アートセッション

などを随時行います。

 

その他、

子どもたちとのプログラム、高齢者とのプログラムも行っています。

 

お問い合わせは、こちら からお願いします。